印鑑作成の注意点

シャチハタイメージ

ポンポン押せてとても便利なシャチハタですが、銀行印としては使えません。
その理由はいくつかあります。

まず、ゴム印などは変形する可能性があるので認められません。
印影が変わってしまうと同じ印鑑として判別できません。
ゴムなので軽く押した時とギュッと力を入れて押した時と形が変わってしまうことは想像できますよね。

また、シャチハタでなくても欠けやすい素材の印鑑も認められない場合があります。

そして、インクの問題があります。紙の材質によってはインクがにじんでしまうことがあるようです。
しかしシャチハタ正規品はにじみにくいインクに改良されているようです。

銀行印として使えない理由にもう一つ挙げられます。
こうしたシャチハタタイプのものは大量生産であり、同じ苗字のものは全く同じ形に作られています。

これでは個々の特定ができないために銀行印として認められないのです。大量生産という意味では三文判もこれにあたります。
しかし三文判は銀行印として認められていますので、注意が必要です。

仮に通帳を盗まれたり無くしたりした場合に、世の中に大量生産で全く同じ印鑑が存在しているならそれを使ってお金を引き出される恐れがあります。
ですから、三文判を銀行印として使うことはおすすめできませんし、銀行側も三文判を認めるべきではないと思います。

手軽で手に入りやすくこれを銀行印として使っている人も多いかもしれませんが、口座開設の際に一言注意だけでもしてほしいと思います。

ページの先頭へ